クロスカントリルール&ルート

   

  クロスカントリーフライトを始める前に・・・

 

XCルール

   
①提出書類            
誓約書、同意書1通、賠償責任保険書(1億円以上)の提出
  ※同意書に関しては、親族2名の同意が必要      
  事故後、エリアに損害があった場合、管理者が損害賠償請求を行います。  
               
               
②携帯義務            
  通信機材3点 (デジタル、430Mz、携帯電話)      
  ツリーランセット及び山岳用ハーネス        
  水、医療セット            
※上記、全てを持参する事。        
               
               
③ライセンス及び講習義務        
 クロスカントリーパイロット証保有者        
 当スクール・クロスカントリーパイロットコース入校者      
 当スクール・講習会を受講する事。        
               
               
④フライトルール          
 フライト(3名)で事前にフライト計画書を提出する事。
  三ノ倉でのXCルールに従う事。(事前講習受講)      
   ビジターのXC受付は、行わない。 ※Jリーグ等のXC大会出場者を除く
  エリア外の全責任は、パイロットになります。      
  ランディング後、速やかに場所を口頭で伝える事。(座標、ライン等)  
  休耕地であっても自己処理をする事。地主に必ず、確認を取ってください。  
               
               
               
XCルート         
  ルート以外のフライトは、認めない。    
               
①米沢ルート  (TO~ハイウェイ~玉庭ゴルフ場跡~米沢河川敷)   
                (TO~ハイウエイ~飯森山~道の駅~米沢河川敷)  
 XC証取得5年以上、クラブ員5年以上。又は、Jリーグポイント取得者。

 

 

             
②雄国ルート (TO~熱塩温泉~大仏山~北塩原村役場~雄国LD)  
               
③坂下ルート (TO~鉱山跡地~慶徳~阿賀川河川敷)    
               
④山都ルート (TO~山都一ノ木)        
 上記②,③,④ルートは、XCライセンスコース以上の者。    
                  
 ルート開発を依頼されたパイロットは、例外とする。  
               
               
救助関連事項          
  エリア内の救助は、クラブ等で行える範囲で救助する。    
  日没2時間前の救助は、人命のみとする。      
エリア外に関しての救助は、行わない。      
   ※エリア外救助は、消防(119番)からレスキュー隊及び県警山岳救助要請になる。
               

 救助要請の場合

 概算見積もり費用(民間救助)

       
  ヘリ要請1時間80万円、山岳会や防団への救助要請の場合、一人2万円~。  

 ヘリ8時間=640万円、100名体制=200万円 合計840万円以上

   ※派遣は、山岳保険以外適用しない可能性があります。